海外の倉庫製品の無料で迅速な配送

  • 0
カーボンフォークガイド

カーボンバイクフォークとは何ですか?

バイクのどの部分がフォークと呼ばれるかを知るために、熱心なバイカーである必要はありません。 はい、前輪をバイクの主要構造に接続するのはXNUMXつのブレードです。 前輪の全重量を支えるバイクの最も重要な部分のXNUMXつであるフォークは、通常、鉄、鋼、またはアルミニウムで作られた金属製のフォークです。 しかし、それはカーボンコンポジットのものでもあり得、スチールフォークやアルミニウムのものよりもはるかに軽いです。 カーボンバイクフォークは、レーシングバイクだけでなく、ほぼすべてのハイエンドロードで見つけることができるトレンディなバイクアップグレードです。

一般的に、スムーズなライディング体験をしたい軽いライダーとずんぐりしたライダーの両方に最適なXNUMX種類のカーボンブレードまたはフォークがあります。 クラシックなスチールフォークをカーボンにアップグレードして、より信頼性の高いパフォーマンスと長期的な耐久性を実現したい場合は、次のXNUMX種類のカーボンフォークを考慮する必要があります。つまり、カーボンディスクロードフォーク、カーボンファットバイクフォーク、カーボングラベルフォーク、カーボンマウンテンバイクフォーク。

  1. カーボンディスクロードフォーク

オフロードや地形にあまり行かないロードバイカーは、スピーディーな動きのために平らな舗装道路に乗ることを好みます。カーボンディスクロードフォークはバイクにぴったりです。 このタイプのフォークは、通勤、レース、ユーティリティサイクリング、さらには他のレクリエーション活動を行うために作られた自転車用に設計されています。 鉄と鋼のフォークがロードバイクとハイブリッドバイクの剛性ブレードで市場に足場を築いていた時代は終わりました。 しかし、アルミニウムとその後の炭素繊維の導入により、この点で劇的な変化が見られます。 ハイエンドのロードバイクとレーシングバイクのメーカーは、カーボン素材の結晶構造を採用してバイクを設計し始めています。 カーボン素材のこの洗練されたアーキテクチャにより、フォークはこれまで以上に衝撃を吸収し、より優れた空気力学形状と究極の軽量体験を実現します。 そのため、ヘビーライダーでもスチールフォークよりも大幅に快適性が向上した素晴らしい乗り心地を楽しむことができます。

  1. カーボンファットバイクフォーク

ファットバイクは通常、通常のロードバイクではチャンスがないさまざまな地形でのオフロードバイク用に設計されています。 ファットバイクのホイールのサイズ、重量、厚さはロードバイクやハイブリッドバイクとは完全に異なるため、フォークも異なることは周知の事実です。 多くの場合、フォークには、でこぼこの路面でも快適なサイクリング体験をライダーに提供することを目的としたサスペンションデバイスが付属しています。 しかし、ファットバイクの場合、厚いタイヤはすでに究極のトラクションを発揮するように設計されているため、サスペンションが実際に必要になるのは、いくつかの特別な目的だけです。 したがって、剛性のあるカーボンファットバイクフォークは、さまざまな乗り物を乗り越えるのに十分です。 通常、カーボン製のファットバイクフォークは軽量でタイヤのクリアランスが大きいため、同じフォークで複数のホイールサイズを調整できます。 カーボンは鉄や鋼よりも寿命が長いので、カーボンフォークは不均一なバンプを処理するだけでなく、剛性のあるフレームも十分に長持ちします。

  1. カーボングラベルフォーク

グラベルバイクは、オフロードでの乱用を処理するために特別に設計されたロードバイクのアップグレードバージョンです。 ロードバイクとクロスカントリーバイクを組み合わせたグラベルバイクは、シクロクロスイベントにも最適です。 カーボンファイバーフォークは、ライダーが前例のないパフォーマンスと岩の多い地形での優れたトラクションを求めるグラベルバイクに最適です。 バイクフォークを非常に軽量なフルカーボンの砂利素材にアップグレードして、ほぼすべての表面を最高速度で乗り越えることができます。 ファットバイクやマウンテンバイクのフォークと同じように、グラベルフォークは、さまざまなホイールサイズとより優れた空力効果のために、追加のクリアランスを備えて設計されています。

  1. カーボンマウンテンバイクフォーク

MTBバイクとしても知られるマウンテンバイクは、地形、山登り法、ジャングルエスケープなどの極端なオフロードライドを処理するために使用されるバイクの特別なカテゴリです。 要するに、MTBバイクは極端なアドレナリンの冒険のために設計されており、これが信頼するために強力で堅固なフレームワークを必要とする理由です。 マウンテンバイクフォークにはリジッドとサスペンションの両方が付属しており、極端なオフロードに最適です。 マウンテンバイクには安価なスチールフォークがいくつかありますが、それはカーボンファイバー製の軽量で衝撃を吸収するフォークに勝るものはなく、優れた構造的コヒーレンスを実現します。 プロライダーがバイクをカーボンマウンテンバイクフォークにアップデートすると、滑らかさが保証されたトレイルの障害物を通り抜けるときに違いに簡単に気付くことができます。

  1. カーボンバイクフォークに関するFAQ

6.1カーボンフォークが鉄や鋼のフォークよりも優れているのはなぜですか?

パフォーマンスと効果的な空力設計に関しては、カーボンフォークが従来の鉄または鋼のフォークよりも常に優れていると結論付ける理由はいくつかあります。 カーボンフォークを備えたバイクの最大の利点は、前例のない軽量性であり、地形を登ろうとしたり、急な坂を滑り降りたりするときに重力に乗るのが簡単になります。 ずんぐりしたライダーやヘビーライダーの場合、ロードバイブレーションの低減が即座に明らかになるため、カーボンフォークも最適です。 MTBバイクでも一般的なロードバイクでも、カーボンフォークは他のどの金属材料よりも効果的に衝撃を吸収するため、全体的に優れたライディング体験を提供します。

6.2カーボンバイクフォークは手作りですか?

はい、どこにでもあるほとんどすべてのカーボンバイクは手作業で組み立てられています。 カーボン製の自転車に必要な実践的な作業は大変です。 フォークだけでなく、カーボンバイクのすべての部品は、自動化自体の役割が非常に少ない場所で慎重に組み立てる必要があります。

6.3カーボンフォークはスチールよりも優れていますか?

カーボンファイバーの登場以来、バイクの製造に使用される従来のスチール素材よりも剛性が高く、軽量であることが証明されています。 スチールと鉄のフォークは、カーボンファイバーと比較するとかなり重いため、競争で明らかに勝者となっています。 軽量のバイクは、レーストラックや定期的な通勤で常に高速なパフォーマンスを提供します。 さらに、自然な剛性により、カーボンファイバーは長期間の使用に十分な耐久性があります。 カーボンフォークは通常スチールフォークよりも高価であり、メンテナンスコストも高いため、すべてが高価ですが。 カーボンフォークの修理も考慮に入れる必要があります。材料は修理可能ですが、交換よりもコストが高くなる場合があるためです。

なぜカーボンバイクフォークを選ぶべきですか?

カーボンバイクフォークは通常、スチールフォークやアイアンフォークよりも軽量で寛容です。 でこぼこしたり角を曲がったりするのはそれほど硬くありません。 あなたが重く、速く行くほど、利益は大きくなります。 しなやかな乗り心地をお探しの場合は、カーボンバイクフォークをお勧めしますが、スチールフォークよりも少しコストがかかる可能性があることに注意してください。

  • 06月2021日、XNUMX年
  • カテゴリー: 記事
  • コメント:0