カート閉じる

カートに何も入っていません。

ログイン 閉じる

記事一覧

切り替え: 一体型ハンドルバー システムはあなたに適していますか?
この記事では、サイクリングにおける人気のトレンドである一体型ハンドルバーの長所と短所について考察します。これらのハンドルバーの設計と構造、空気力学的および軽量化の利点、およびパフォーマンスと快適さへの影響について説明します。また、高コスト、柔軟性の低さ、設置の難しさなど、統合システムの欠点も浮き彫りにしています。統合コックピットのアップグレードを検討している場合、この記事は情報に基づいた意思決定に役立つ貴重な洞察を提供します。

最適なグラベル バイク タイヤ サイズとトレッド パターンを選択するための究極のガイド
グラベルバイクはここ数年でますます人気が高まっていますが、それには十分な理由があります。この新しい種類の自転車を使用すると、サイクリストは舗装を超えて、未舗装の道路や小道の世界を探索できます。ただし、グラベルバイクの場合、タイヤのセットアップは重要な考慮事項です。グラベル バイクが遭遇する可能性のあるさまざまな地形にどのように対処するかを決定する 2 つの重要な要素は、タイヤ サイズとトレッド パターンです。この記事では、あなたのライディングスタイルや好みに最適なグラベルタイヤを選択するために役立つこれらの要素を詳しく見ていきます。

レース当日に備えて: チューブレスホイールとタイヤの構成を最適化して最高速度を実現
バイクの速度とパフォーマンスを向上させたいと考えていますか?チューブレス タイヤとリムは、あなたが必要とする変革をもたらす可能性があります。技術の進歩により、チューブレスセットアップは、ロードタイヤとホイールの組み合わせとしては最速のものになりました。この記事では、転がり抵抗、空気抵抗、リムとタイヤの幅など、バイクの速度に影響を与えるさまざまな要因について検討します。また、転がり抵抗の低減、安全性の向上、ヒステリシスの低減など、チューブレス タイヤの利点についても説明します。さらに、フック付きリムとフックなしリムを比較し、最適なパフォーマンスを実現するためのタイヤとリム幅に関する推奨事項を提供します。スピードと効率を優先するアスリートなら、この記事は必読です。

究極のバイクステムガイド: 知っておくべきことすべて
この記事では、ステムの機能の基本から、ステムの選択、調整、取り付けの詳細なポイントまでを網羅した、自転車ステムの包括的なガイドを提供します。利用可能なさまざまなステム素材、ステムの長さと角度がバイクのハンドリングに与える影響、特定の身体測定値とライディング スタイルに適したステムを選択する方法について説明します。あなたがカジュアルなライダーであっても、競争力のあるレーサーであっても、このガイドは、バイクのパフォーマンスとライディングエクスペリエンスを最適化するための完璧なステムを見つけるのに役立ちます。

完璧なフィット感を見つける: 空力ホイールと軽量ホイールの選択方法
自転車のホイールセットをアップグレードする場合、市場には数多くのオプションが用意されています。しかし、どのタイプのホイールが自分のニーズに最も適しているかをどのように判断すればよいのでしょうか?一般に、ホイールのオプションは軽量とエアロの 2 つのカテゴリに分類できます。前者はバイクの重量を軽減できるため上り坂のサイクリングに最適ですが、後者は空気力学が重要な役割を果たす平坦な道路、起伏のある地形、または山岳コースに適しています。ただし、重量、応答性、慣性、抗力の軽減のバランスを提供するミッドセクションのリムもあり、それらは優れた妥協点となります。さらに、カーボン ロード ホイールは、軽量、空気力学、衝撃吸収能力の点で最良の選択であると考えられています。最終的に、あなたに適したホイールは、ライディング スタイルと頻繁に遭遇する地形の種類によって異なります。

最速のラインを見つける: リムの外幅を最適化することで空力の可能性を引き出す方法
この記事では、空気力学、安定性、幅広タイヤの装着性の向上など、自転車のホイールセットの外幅が増加する理由について説明します。また、Shimano Dura-Ace、Bontrager Aeolus RSL、Vision Metron 28 SL など、外幅 30mm および 31/45mm のジャンルで人気のあるホイールセットについても調査します。ホイールセットのアップグレードを検討しているサイクリング愛好家にとって、この記事は自転車ホイールセット設計の最新トレンドに関する貴重な洞察を提供します。

21mm または 23mm: ホイールセットの内幅はどちらが主流ですか?
この記事では、ナロータイヤからワイドタイヤへのロードバイクのホイールセットの状況の変化と、内幅 21mm および 23mm のホイールセットの利点について探ります。チューブレスタイヤの人気の高まりと、チューブレスタイヤがロードバイクの世界をどのように変えているかについて説明します。また、21mm および 23mm の考え方の一部である国際的な大手ブランドのホイールセットについても詳しく説明します。最後に、チューブレス タイヤの空気圧が低く、体重の重いライダーにとって、どの内幅がより適しているかを検討します。完璧なロードバイク ホイールセットを見つけるために知っておくべきことをすべて学びましょう。

カーボンバイクとコンポーネントをメンテナンスするための重要なヒント
カーボンバイクは、軽量、高剛性、高性能の自転車を求めるサイクリストにとって最適な選択肢です。ただし、バイクの最適なパフォーマンスと寿命を維持するには、適切なケアとメンテナンスが不可欠です。この記事では、カーボンバイクとそのコンポーネントのお手入れに関する包括的なガイドを提供します。洗浄や潤滑から防錆、専門的なサービスまで、知っておくべき重要なメンテナンス作業をすべてカバーします。私たちのヒントと推奨事項に従うことで、カーボンバイクを今後何年にもわたって最高の状態に保ち、あらゆるライドでその卓越したパフォーマンスを楽しむことができます。

初心者からプロまで: サイクリングを次のレベルに引き上げるためのトレーニングのヒント
サイクリングは健康を維持するための優れた方法ですが、パフォーマンスを最適化し、ライディング能力を向上させるには、体系的なトレーニング プログラムが必要です。この記事では、有酸素運動能力の構築、筋力とパワーの開発、クロストレーニングアクティビティの組み込みなど、サイクリングの効果的なトレーニング方法に関する包括的なガイドを提供します。また、心血管効率の向上、筋力の向上、持久力の強化など、定期的なトレーニングの利点についても強調します。これらのトレーニング方法に従うことで、サイクリストは自分の可能性を最大限に引き出し、充実した成功したサイクリング旅行を楽しむことができます。

8ドル以下で買えるカーボンロードバイクトップ3,000
新しいロードバイクを購入しようとしている人なら、適切なロードバイクを見つけるのが大変な作業であることをご存知でしょう。非常に多くのオプションがあり、それぞれに独自の機能と利点があります。しかし、心配しないでください。私たちはあなたのために調査を行い、8 ドル未満で買えるカーボン ロード バイクのトップ 3,000 のリストをまとめました。 BMC Teammachine SLR02 から ORRO VENTURI まで、これらのバイクは優れた価値、パフォーマンス、快適さを提供します。経験豊富なレーサーでも、サイクリング ゲームをさらに上達させたいと考えているだけでも、ニーズと予算にぴったりの乗り物が必ず見つかります。それでは、2024 年に入手可能な最高のロードバイクに関するこの包括的なガイドを見ていきましょう!

ロードバイクとグラベルバイク: どちらがあなたに適していますか?
自転車を選ぶときは、ロードバイクとグラベルバイクのデザインの違いを理解することが重要です。ロードバイクは滑らかなアスファルト道路でのスピードと効率性を重視して作られていますが、グラベルバイクは冒険的な地形に挑戦し、さまざまな状況でより多彩なライディング体験を提供するように設計されています。この記事では、ジオメトリからホイール、タイヤ、ハンドルバーに至るまで、ロードバイクとグラベルバイクの主な違いを詳しく説明し、情報に基づいてどのバイクが自分に適しているかを判断できるようにします。

自転車でより速く走ろう: 実証済みのトレーニング方法とテクニック
この記事では、サイクリストが自転車の速度とパフォーマンスを向上させるのに役立つ実用的なヒントとテクニックを紹介します。適切な体の位置による風の抵抗の軽減から、適切なギアの着用、適切なメンテナンス習慣の採用、より空気力学的に優れたホイールとフレームへのアップグレードまで、この記事ではすべてを説明します。アマチュアでもプロのサイクリストでも、これらのヒントはスピードを向上させ、サイクリング体験を最適化するのに役立ちます。